男性ホルモンと脱毛の話

目安時間:約 2分

はげの原因は男性ホルモンだ!と言っている記事がたまにあります。

これはあっているようであってないです。


どのような仕組みでハゲるかというと

テストステロンという男性ホルモンと5αリダクターゼという酵素が結合して
ジヒドロテストステロンという脱毛を促すホルモンに変換されてしまうためです。

テストステロンは筋肉や髪の毛の成長を促す役割をになっているのですが
20代後半くらいからテストステロンが徐々に少なくなっていきその代わりに5αリダクターゼが増えていくからです。

M字禿や頭頂部からはげていくのはこの箇所に5αリダクターゼが集まっているからです。

その為、テストステロンと5αリダクターゼが結びつかないように、
5αリダクターゼを抑制することが育毛の第一歩となります。

AGAのクリニックなどで処方される薬にフィナステリドが主成分のプロペシアなどがありますが
これは5αリダクターゼを抑制することが目的です。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
タグ