AGA治療に副作用ってあるの?

目安時間:約 2分

最近テレビなどでも話題のAGA治療。

基本的には病院にいって診断してもらって薬を処方されます。

病院だから安心!と思いきや処方される薬には当然副作用はあります。

何故なら処方される薬がフィナステリドやミノキシジルを使ったものだからです。

フィナステリドについては男性機能の低下が主な副作用です。
おそらく多くの方が異性のことを気にして薄毛対策しているのに
これは痛い副作用ですよね、、。

ミノキシジルのほうは主に多毛症です。
ただし、ミノキシジルは飲むとその効果が抜群なんですが
つけるタイプだとそこまで効果でないんです。

病院で処方されるのはつけるタイプなので
副作用はそこまで気にしなくていいと思います。

私は以前個人輸入で飲むタイプのミノキシジルを使ってましたが
全身の毛が濃くなっちゃったので服用をやめました。

病院で診てもらうのが一番!という意見もありますが

使う薬は個人のものと同じなのでよく考えて病院にいくかは判断しましょう。

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
タグ