タバコってやっぱり頭皮や髪に悪い?

目安時間:約 2分

タバコが髪や頭皮に悪いと思っている方は多いと思いますが、具体的にどう悪いの?

 

というところまで知っている人は意外と少ないんじゃないでしょうか。

 

今回はそんなタバコと薄毛の関係を紹介します。

 


・栄養不足になる
タバコに含まれるニコチンが水分や肌にいい栄養分を奪ってしまいます。

 

肌が乾燥すると、髪の毛も抜けやすくなってしまいます。

 

 


・血行が悪くなる
またニコチンには血管を収縮させてしまう作用があります。

 

血管が収縮されると、血行が悪くなり、栄養がしっかりと頭皮に行き届かなくなるため髪の成長サイクルが乱れてしまいます。

 

 


・身体が酸化する
酸化とはいわゆる老化のことです。

 

頭皮が臭くなったり、細胞自体が老化してしまいます。

 

 

それ以外にも臭くなったり、回りの人に迷惑をかけたりするので薄毛対策を本気でしたいならタバコはやめましょう。

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
タグ